メタボ解消辞典 > 内臓脂肪

内臓脂肪

リンゴは煮ると消化がよくなり、1日1個食べれば肥満も医者も遠ざける

カリウムや食物繊維、リンゴ酸、ビタミンC、リンゴポリフェノールなどの栄養成分が含まれるリンゴはダイエットや動脈硬化の予防に、たいへん役立つ果物です。 どこでも買えて安価なリンゴには、ペクチン、セルロース、ヘミセルロースといった食物繊維が豊富…

内臓脂肪

焼き野菜.焼き果物で便秘すっきり。バナナは焼けばオリゴ糖が増える

野菜や果物は生で食べてもおいしく、栄養もありますが、加熱することで新しい栄養成分が増えたり、甘味が増したり、利点が多くなることもしばしばあります。なかには「えっ、こんなものまで?」といわれるものもあります。 焼きバナナ 食物繊維がか富で便秘…

内臓脂肪

野菜はぬか漬けにして食べると植物性乳酸菌がふえて整腸効果がアップ

米ぬかに塩を加えて水で練った「ぬか床」に、キュウリやなす、大根、キャベツなどの野菜を漬けて、乳酸発酵させた漬け物。ぬか漬け。昔の日本ではどこの家庭にもぬか床があったものです。少々手間がかかることから、最近ではほとんど見られなくなりましたが、…

内臓脂肪

薬効野菜の王様ニンニクは、蒸して食べれば胃にやさしい

日本でも占くから民間療法に使われている薬効野菜・ニンニク。世界的に見ても、古代エジプト時代から薬として使用されていたというから、その薬効はお墨つきです。ニンニクには、タンパク質や糖質、リン、ナトリウム、ビタミンB1などさまざまな成分が含まれ…

内臓脂肪

日本食の代表、みそ汁の具には長ネギが必須。体をあたためて代謝をアップ

日本人の食卓に欠かせないみそ汁。みそは大豆に麹と塩を加えて発酵。熟成させた発酵食品なので、それだけでも便秘解消に効果があります。長く煮立てると生菌が消失してしまうので、みそを入れたら煮立てすぎないのが、その効果を得るテクニックのひとつ。 ま…

内臓脂肪

コレステロールに有効なβ‐カロチン。カボチャのわたには果肉部の5倍もある

夏野菜の代表・カボチャですが、最近は四季を通じて食べられています、β-カロチンをはじめ、ビタミンC.Eが豊富なうえ100g中に3・5gもの食物繊維が含まれているので、便秘解消には心強いパートナーとして、ダイエットに上手に利用したいもの。 カ…

内臓脂肪

メタボを解消すると話題の【オスモチン】を効率よくとれる「ジャガイモのすりおろし」

近ごろ、オスモチンという植物性タンパク質にメタボリックシンドロームを解消する働きが見つかり、医学界で話題になっています。しかし、オスモチンの研究は始まったばかりで、詳細は明らかになっていません。確実にわかっているのは、ジャガイモやトマトなど…

内臓脂肪

タマネギ+オレンジの「タマオレジュース」が脂肪の吸収を抑え肝臓の脂肪を流す

体に必要な分址の野菜を毎日の食事だけでとり入れようとするのは、量においても、手間においてもなかなか困難なもの。その点、新鮮な素材をそのままミキサーやジューサーにかけて作るジュースなら、濃縮してとることができます。また、フルーツと組み合わせる…

内臓脂肪

万病に効くタマネギ。刻んだときにつくられる涙の原因となる成分には薬効がたっぷり

ネギ属の植物。タマネギ。糖質や脂質の代謝に欠かせないビタミンB1、便秘改稗を助けるオリゴ糖、抗酸化作用の高いケルセチンなど、ダイエットだけでなく、万病に効果があるといわれている野菜です。効能としては、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステ…

内臓脂肪

真っ赤な色に栄養素が詰まったトマトは内臓脂肪を撃退する野菜の雄

トマトは、ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、カロチン、食物繊維など、ダイエットと美肌に効果のある栄養素がたっぷり。いちばん有名なのが、あの真っ赤な色素成分・リコピンです。これはカロチノイドの一種で、β-カロチンのように体内でビタミンAには…

内臓脂肪


4 / 41234