メタボ解消辞典 > 内臓脂肪

内臓脂肪

豚肉+タマネギの組み合わせは、ビタミンB1を補給して糖の代謝力がアップ

豚肉にはきわめて豊富なビタミン131が含まれており、その量は牛肉の10倍以上。 調理中に壊れてしまいやすいビタミン131ですが、タマネギやニラ、ニンニクといった野菜と合わせて食べることで、吸収されやすくなり、体内に長くとどまって働くようにな…

内臓脂肪

生肉はニンニクやショウガと合わせて、豚肉はタマネギと合わせて食べるのが効果的

牛肉のたたき、馬刺し、ユッケ、生の鶏のささ身など、生で肉を食べる料理には、熱を加えていないために体内で重要な働きをしている酵素が含まれています。たとえば、牛肉には、脂肪分解酵素のリパーゼが含まれており、肥満や動脈硬化予防に役立ちます。生のニ…

内臓脂肪

牛肉や豚肉に大根おろしをプラスして、鉄分、銅の吸収率を高める

ダイエットのためにと安易に食事を減らす人が陥りやすいのが、血液をつくる鉄分や銅などのミネラルが不足することによって起こる、慢性的な貧血です。 最近では、若い女性を中心に血液検査では判明しにくい貧血もふえています。血液を調べても異常は見当たら…

内臓脂肪

鶏肉は乳製品と組み合わせると脂肪燃焼効果がアップする

ダイエットに鶏肉を食べるなら、胸肉がおすすめです。なぜなら、胸肉は100gで121キロカロリーと熱量がささ身に次いで低く、カルノシン、アンセリンなどのアミノ酸を多く含む、良質のタンパク源だからです。 タンパク質は、私たちの筋肉をつくるうえで…

内臓脂肪

鶏もも肉は皮をはがすだけで脂質が75%もカットできる

肉は重要なタンパク質の供給源です。タンパク質の摂取址が減ると、やせにくくなりますし、肉でしかとりにくい栄養素もありますから、ダイエット中も肉をまったく食べないのではなく、上手に選んで食卓にとり入れるようにしたいものです。 肉を食べるときは、…

内臓脂肪

大豆から作られる高野豆腐はアミノ酸が豊富な大豆タンパク質の宝庫

高野豆腐は凍り豆腐とも呼ばれ、木綿豆腐を凍らせてスポンジ状にし、解凍、乾燥させたものです。だしと調味料で煮含める調理法が一般的ですが、和風はもちろん、洋風、中華風にもさまざまにアレンジしておいしく食べることができます。 大豆のタンパク質はメ…

内臓脂肪

9種類の必須アミノ酸をすべて含む大豆はクエン酸を含む酢と合わせてとれば効果倍増

酢のすっぱい味のもとのひとつである「クェン酸」には、体内脂肪の燃焼を助ける働きがあります。胃腸の働きを活発化させたり、疲労物質である乳酸を分解する作用などもあり、食欲不振やイライラ・倦怠感の回復、肩こり。腰痛などの改善にも役立ちます。さらに…

内臓脂肪

大豆の中でもとくにおすすめの黒豆は、煎り豆にしておけばいろいろな料理に使える

煮豆や煎り豆でおなじみの大豆には強力なダイエット作用があり、胚芽部分に多く含まれる抗酸化成分イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをし、加齢による高血圧や肥満などを防ぐ効果が期待できます。 水と油の両方に溶ける性質がある大豆サポニンは、血液…

内臓脂肪

夜食後に1杯のレモン水を飲めば胃もたれや体重増加が予防できる

レモンには、黄色い色素であるポリフェノール成分のヘスペリジンやエリオシトリンが含まれています。これらは、腸 に入ってきた食物の脂肪吸収を阻害する働きがあります。 また、レモンのすっぱさのもとになっているクェン酸は、エネルギーを代謝するクェン…

内臓脂肪

刺し身のつまや、揚げ物に添えられたレモンも忘れずに食べて脱メタボ

刺し身やフライなどについている、つまの大根や、飾りのレモン。食べずに捨てていませんか。じつはこれらの脇役にこそ、たいせつなダイエット成分が含まれているのです。 大根にはデンプン消化酵素(アミラーゼ)などの消化酵素が豊富に含まれていて、食べ物…

内臓脂肪


3 / 41234