メタボ解消辞典 > 内臓脂肪

内臓脂肪

飲みやすい酢ドリンク、リンゴ酢ソーダはコレステロールを下げて夏バテにも効く

お酢には血液中のコレステロールをドげる効果があるほか、疲労回復や食欲増進の効果があることはよく知られています。 とくに厳しい暑さの夏を乗り切るうえで、飲みやすい酢ドリンクは欠かせないアイテムになるでしょう。ここではブルーティーで飲みやすい、…

内臓脂肪

もろみ酢の超燃焼性アミノ酸が代謝を改善して余分な脂肪を筋肉に

もろみ酢の成分には、超燃焼性のアミノ酸などが豊富に含まれ、豚にもろみ酢を与えると脂身が減り、引き締まったよい肉がとれるといわれます。 実験は、総コレステロール値が高めの男女12人(男性8人、女性4人、平均年齢44才)を対象に行いました。天然…

内臓脂肪

1日に25mlの酢をとれば疲労が解消して体内の脂肪も減少する

酢のすっぱさのもとになる酢酸は、体内でクエン酸に変化します。クエン酸は、体内のエネルギー生産をつかさどるクエン酸回路を動かし、脂肪を燃えやすくします。 また、酢にはアミノ酸もぬ窃です。アミノ酸は体内に入ると脂肪の合成を抑える働きをするのです…

内臓脂肪

食前にコップ1杯の低脂肪乳を飲めば体脂肪が減りウエストにくびれ

最近は日本人の牛乳離れが進み、消費量が年々減っています。牛乳は栄養が豊富なので、「飲むと太る」と思っている人が多いのかもしれません。ところが、牛乳を飲めば太るどころか、やせることがわかったのです。 ある専門学校が女子学生を対象に実験をしまし…

内臓脂肪

ヨーグルトにワカメをプラスすれば腸で働く機能がさらに高まる

ワカメには食物繊維であるアルギン酸が含まれますが、このアルギン酸は腸に届いてから腸内善玉菌のエサとなって腸内環境の改善に役立ちます。ヨーグルトには整腸作用があることが知られていますが、その働きをさらに高めてくれるのです。 さらに、ヨーグルト…

内臓脂肪

ポリフェノール豊富な食材とヨーグルトが気になるコレステロールを下げる

コレステロールの値が気になる人は、ヨーグルトにポリフェノールが豊富な食材を組み合わせて食べるとよいでしょう。たとえば、きな粉、ブドウ、イチゴ、キーウィなどです。ポリフェノールには、血液中にだぶついたコレステロールを肝臓の中にどんどん運び込ん…

内臓脂肪

ヨーグルトのカルシウムは脂肪燃焼の強い味方

腸内にだぶついたコレステロールを排出する 腸内に悪玉菌がはびこると、血液をドロドロにする毒素が発生したり、免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、便秘になる、体全体のエネルギー代謝が落ちて太りやすくなるなど、さまざまな弊害が起きてしまい…

内臓脂肪

寒天とニンジンの組み合わせは目によく、活性酸素を打ち消す効果も

寒天でダイエットをしながら、もっと効率よく栄養素をとりたい!という人もいるはず。そんな人におすすめしたいのが、すりおろしたニンジンと粉寒天で作る「ニンジン寒天」です。 寒天にすりおろしたニンジンを加えて食べることで、歯ごたえがアップして味も…

内臓脂肪

寒天はじっくり溶かして固めれば、かさが増して腹もちもよくなる

寒天は100gでたったの約3キロカロリーという、超低エネルギー食品です。しかも、保水性の高い食物繊維がひ窃。同じ食物繊維がひ富な食品でも、こんにやくは1gで約40gしか水を吸いませんが、寒天は100g以上の水分を保ちます。つまり、腹もちがと…

内臓脂肪

魚と豆腐をいつしよにとれば血液が浄化され、太りにくい体になる

日本人は、魚を多く食べる民族だといわれていましたが、最近はそうでもないようです。 「魚は肉よりも値段が高い」 「調理に手間がかかる」 「においが苦手」 などの理由で、若い人を中心に魚離れが起きています。魚をあまりとらなくなったかわりに、肉類…

内臓脂肪


2 / 41234