メタボ解消辞典 > 内臓脂肪 > 鶏肉は乳製品と組み合わせると脂肪燃焼効果がアップする

鶏肉は乳製品と組み合わせると脂肪燃焼効果がアップする

ダイエットに鶏肉を食べるなら、胸肉がおすすめです。なぜなら、胸肉は100gで121キロカロリーと熱量がささ身に次いで低く、カルノシン、アンセリンなどのアミノ酸を多く含む、良質のタンパク源だからです。

タンパク質は、私たちの筋肉をつくるうえで欠かせない栄養素です。胸肉を十分に食べれば、良質な筋肉が育ち、基礎代謝量の増加が見込め、体の余分な脂肪が自然に燃えるようになります。疲れがとれやすくなる効果もあります。

その効果をさらに高める方法は、乳製品といっしよにとること。牛乳やヨーグルト、チーズ、バターなどの乳製品は、鶏肉に多くないカルシウムやビタミンを補ってくれます。

カルシウムは、骨や歯に必要なだけでなく、筋肉が伸び縮みする作用を助けています。つまりカルシウムが充足していれば、体の動きはスムーズになり、消費されるエネルギーも多くなるのです。カルシウムには体脂肪をつきにくくする働きも見つかっています。

体内にカルシウムが吸収されるときに必要なマグネシウムは、胸肉にたっぷり含まれています。

胸肉と組み合わせてとるときには、脂肪分が少ない牛乳かヨーグルトを。

おすすめは、「クリーム煮」。簡単でおいしいだけでなく、カロリー控えめ。栄養の流出もなく、胸肉と乳製品の栄養をしっかりとることができます。1回で食べる址は、胸肉100g、牛乳100mlを目安にしてください。ヽンイタケを加えると、カルシウムの吸収を助けるビタミンDと腸の健康に必要な食物繊維を補えるので、栄養バランスはさらによくなるでしょう。

鶏肉のクリーム煮の作り方

材料(4人分)

  • 鶏胸肉2枚(約400 g )
  • ブロッコリー1/2株
  • シイタケ1パック
  • 塩、こしょう各少々
  • 小麦粉大さじ1と1/2
  • オリーブ油、カレ一粉各大さじ1
  • 牛乳2カップ
  • ヨーグルト50ml

作り方

  1. 鶏肉は皮をとって、1枚を2つに切り、塩。こしょうをしてから、表面に薄く小麦粉をまぶしておく
  2. ブロッコリ一は小房に分け、熱湯でサツとゆでてざるに上げる。シイタケはサツと洗い、軸の部分を切り取り、ひと口大に切る
  3. フライパンに油を入れ、中火にかけて鶏肉を並べ入れる。両面に焼き色がついたら、いったんとり出す
  4. フライパンにカレー粉、牛乳を入れて煮立てて2を加え、さっと火を通してから鶏肉を戻し入れ、ひと煮する。火を止めてからヨーグルトを加え、よくまぜる