メタボ解消辞典 > 内臓脂肪 > 真っ赤な色に栄養素が詰まったトマトは内臓脂肪を撃退する野菜の雄

真っ赤な色に栄養素が詰まったトマトは内臓脂肪を撃退する野菜の雄

トマトは、ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、カロチン、食物繊維など、ダイエットと美肌に効果のある栄養素がたっぷり。いちばん有名なのが、あの真っ赤な色素成分・リコピンです。これはカロチノイドの一種で、β-カロチンのように体内でビタミンAには変化しませんが、β-カロチンの約2倍もの強い抗酸化作用があります。体にいい栄養
素が多いトマトは、日々の食卓でできるだけとりたいものですが、夏野菜のトマトには体を冷やす性質があります。

そこでおすすめしたいのが「焼きトマト」です。加熱すると、トマトの甘味は増し、食事の前に食べると過食を抑えることができます。この効果、冷めても変わらないので、焼きトマトを常備しておくといいかもしれません。

トマトのリコピンは、紫外線のダメージから肌を守る美肌成分です。それだけではありません。さまざまな発ガンを予防し、ガン細胞の成長を抑制する働きがあることも実験によって解明されました。この効果は、リコピンだけでなく、トマトのクェン酸やビタミンCの相乗効果だといわれています。

また、リコピンの持つ抗酸化作用はガン予防だけでなく、動脈硬化を防ぐ働きもあります。体内で過剰に発生した活性酸素が、動脈の内壁に傷をつくり、そこから悪玉コレステロールがもぐり込んで付着し、さらにこの悪玉コレステロールと活性酸素が凝囚するのが動脈硬化。トマトに含まれる成分の抗酸化作用が、こうした活性酸素の悪さにストップを
かけてくれるのです。

このリコピンの効果をさらに高めるコツは「油で炒める」こと。加熱によって、トマトの細胞壁が壊れリコピンが出てくるのです。また、その際に、ゴマ油などのビタミンEの多い油を使うと、リコピンが油に溶け込み、ますます吸収率が上がります。炒めるだけで、体内へのリコピンの吸収率は、生のトマトのなんと約4倍にもなるというから、加熱しない手はありません。

ビタミンC、カロチン、カリウムなどはミニトマトのほうが多いので、それを使うのもおすすめです。じつはトマトの皮には、食物繊維・ペクチンがいっぱい詰まっています。サラダなどで、トマトの皮を湯むきしてとってしまう人がいますが、もったいない話です。ペクチンは便秘解消効果だけでなく、腸でのコレステロールや糖分の吸収を抑える役割もあり、内臓脂肪が気になる人にはたいせつな栄養素。トマトは丸ごと食べて、その効果をしっかり受けとりましょう。