メタボ解消辞典 > 内臓脂肪 > コーヒーや紅茶には、果糖が多くカロリーの低いメープルシロップを入れて飲む

コーヒーや紅茶には、果糖が多くカロリーの低いメープルシロップを入れて飲む

メープルシロップは、かえでの樹液から作られた琥珀色の甘いシロップです。砂糖よりもカロリーが低く、果糖が多く含まれるため血糖値を上げにくいことから、生活習慣病が心配な人も安心して使える甘味料です。

カリウムやカルシウム、鉄などのミネラルがほかの甘味料よりずっと多く含まれていることも特徴で、これらの成分が、腸を掃除するデトックス効果を発揮すると考えられています。

おすすめが、コーヒーや紅茶などのあたたかい飲料に、甘味料としてメープルシロップを入れること。甘さと風味が加わっておいしくなるばかりか、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインやタンニンなどのダイエット成分と、メープルシロップのデトックス成分の相乗効果が期待できます。食前に飲めばほどよい甘味で食欲が満たされ、食べすぎを防げる
のもポイント。子供や女性が好きなホットケーキとバターとの組み合わせは、カロリーのとりすぎでダイエットには不向きです。メープルシロップは必ず飲み物にプラスしてとりましょう。